アイコスが故障した場合、簡単に診断できるサービスがあります。

アイコス公式サイトにある「デバイス診断」から簡単に診断が可能です。

 

▼アイコス公式サイト▼

https://www.iqos.jp/contact-us.html

 

サイトにアクセス後、「デバイス診断」をクリックして、故障の診断ページへ進みます。

ホルダー、チャージャーのいずれかを選択します。

故障の症状を選択すると、診断結果をすぐに教えてくれます。

 

交換可能と診断された場合、交換依頼フォームが表示され、

そのままネットで申し込みができます。

 

保証期間外のアイコスの故障は対応してもらえません。

また、故障の診断をした結果、保証対象外と判断されることもあります。

アイコスの故障が、修理や交換をできないと診断された場合、新品の購入を提案されます。

 

新品の購入となると、値段が高額になってしまうのでハードルが高いですよね。

新品購入はせず、故障を直したい方は、修理サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

アイコスが故障し、診断の結果で交換不可と判断されても、修理できるかもしれません。

 

最近では、アイコスの故障を修理してくれる業者サービスがあります。

修理だけではなく、ホルダーのバッテリーを交換して、寿命を伸ばしてくれるサービスもあります。

長くアイコスを利用したい方にもオススメです。

 

故障の修理であれば、値段も安くできて嬉しいですね。

私もアイコスを購入した際に、故障が心配でしたが、普及に伴って修理サービスが充実してきたのでありがたく感じています。

大事に使っていても、いつかはアイコスのバッテリーの寿命がきてしまいます。

1年ほどでバッテリー寿命を迎えてしまいますが、電池以外に故障がないのであれば、修理してまた使うこともできます。

 

市販でチャージャーやのホルダーのパーツが販売されていますが、一般の方がアイコスを修理するのはオススメしません。

チャージャーやホルダーを傷つけて壊してしまう可能性もあります。

電気機器を直す際には危険も伴うので、修理の専門のプロにお任せしてみてはいかがでしょう。