アイコスを修理したら、修理保証をつけましょう。

いつ壊れてしまうか不安に感じながらアイコスを使うのは嫌ですよね。

アイコスの修理保証サービスをつけておくと、故障のトラブルがあった時でも安心です。

 

▼アイコスの修理保証サービス

 

 

アイコスはまたいつ壊れるかわかりません。

せっかく修理したのなら、先々のトラブルに備えて保証をつけておきましょう。

アイコスは、ホルダーのバッテリー寿命が1年くらいで訪れます。

バッテリー以外は正常に動くのに、新品を購入するのはもったいないですよね。

修理保証を利用すると、ホルダーのバッテリーを新しく生まれ変わらせることができますよ。

 

 

ホルダーを充電したのに、正常に動かない場合、電池が切れている可能性があります。

また、チャージャーのツメが欠けても、修理してもらうことができます。

修理の保証期間であれば、チャージャーのツメを直してもらえます。

 

 

アイコスユーザー100人にアンケートを行ったところ

”新品のアイコスが今後手に入るかわからないので、今あるアイコスを長く使いたい”

”本体は価格が高いので、コスパが良いなら交換を選びたい”

という声が多くありました。

 

80%のユーザーが修理交換をのぞむアンケート結果となりました。

また、77%のユーザーが修理交換の保証をつけたいと回答しました。

(2017年8月実施のアンケート結果)

 

こうしたユーザーの声がある一方、アイコスのメーカーでは修理のサービスは行われていません。

メーカー保証は最長1年で終わってしまいますが、その後にアイコスが壊れてしまう可能性は大いにあります。

 

パソコンやエアコン、ゲーム機、高級時計などには、修理の延長保証サービス(ワランティ)があります。

高価で大切なものには、メーカー保証が過ぎた後の修理サービスをつけるのが一般的です。

アイコスも同じように、修理の保証サービスをつけておいた方が無難ですね。

 

アイコスを修理をしたら、修理の保証をつけておいた方が安心です。

この機会に、アイコスの修理保証をつけておきましょう。