アイコスのホルダーの電池には、寿命があります。

ホルダーの電池の充電可能回数

7,300回

 

1日に20回ホルダーを利用すると、1年でこの回数を迎えてしまいます。

アイコスをずっと大切に使っていても、ホルダーの電池は使い続けることはできません。

ホルダーの電池は1年ほどで切れてしまいます。

バッテリーが切れた場合、メーカー保証が切れていたら、新品を購入しないといけません。

(メーカー保証は最長で1年です)

 

ホルダーの電池を専門業者に交換することで、新品のようにまた使い始めることもできます。

アイコスのホルダーは、寿命が近づくと充分に充電できなくなります。

ホルダー充電がうまく出来ていない場合、電池の寿命が近いかもしれません。

 

チャージャーで充電したのに、ホルダーが機能しないのであれば、電池交換を検討しましょう。

新品のホルダーは高値で販売されていますが、電池交換の価格は安いです。

 

 

アイコスのメーカーでは、ホルダーの電池交換は行っていません。

ホルダーの電池を交換したい場合は、専門の業者さんに依頼をします。

インターネットから簡単に、ホルダーの電池交換を依頼することができるので、急ぎで交換したい方にもオススメですね。

アイコスが吸えない期間をできるだけ短くしたい方は、ホルダーの電池交換をインターネットから申し込みましょう。

 

 

ホルダーの電池は1年ほどで寿命を迎えてしまうので、交換をしたい方は多いのではないでしょうか。

私の友人は、アイコスが動かなくなって、眠らせたままにしています。

新しいアイコスを買う気にはならないので、紙巻きタバコを仕方なく吸っています。

せっかく高価なアイコスを購入したのに、電池の寿命が原因で使えなくなってしまうのはもったいないですね。

ホルダーの掃除を日々行うように、電池交換のメンテナンスもしっかりと行ってあげましょう。